MONOGOiのうなぢ TOP  >  日々是徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

突然思いついて粘土を買ってみたのです。

次の国家資格取得に向けてお勉強をしないといけないところなのですが・・・。
久々に復帰したDQが楽しすぎて困るwww
物乞いのモノゴィです!

「ぐもっっっっ!」

真災厄に挑戦してボコボコに返り討ちにされたり、ふうおうさんに拉致されてメタスラ回ししに迷宮行ったり、ブーメランレンジャーでデュアルカッターを取得して、これは行けっぺ!って勇んでソロキュラララナに挑んでメガザル祭りを開催されまくって半泣きで帰宅したりしてました。

さすがにこれはあかんと思うに至り、ちょっとDQを控えようと心に決めました。
結果・・・・・・。




人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
[ 2013年12月02日 14:04 ] カテゴリ:日々是徒然 | トラックバック(0) | コメント(26)

こんどこそコスポ(関東支部)deBBQ!!

HAHAHAHAッ!
なんと言うか・・・・・・なんて言ったら良いか・・・・・・。
記事の前口上を書いて、本編書く前に一次保存したと思っていたら記事としてUPされてしまっていたと言いましょうか・・・・・・。
しかも1日半が経過してからそれに気付いてしまったっとかしまわなかったとか・・・・・・。
いやもうホントにびっくりですわ!
まいっかw

ってな訳でそんな理由で書き直しの仕切り直しでございます。
物乞いのモノゴィです。

「ぐもっ!」


はい!
今日は、先日11月の17日に、コスポ・ミ・レイジュのメンバーであるすぽぽびっち&れおん夫妻の家で開催されたコスポ関東支部主催のBBQパーティに参加した話でも書こうかと思います。

基本、おいらは子守だったのでさらっとねwさらっとw
っていうか写真もないし、面白おかしい記事にもなっていませんので要注意ですよ!
とりあえず事前に警告はしときますwww

ではでは!




人気ブログランキングへ



[ 2013年11月21日 13:44 ] カテゴリ:日々是徒然 | トラックバック(0) | コメント(10)

コスポ関東支部BBQ大会!

皆さん本当にお久しぶりです。
ひっそりこっそりもっさりと生存報告です。
一時ちょっと病んでた気がしないでもないですけど、私は元気です。(←
いやぁ、40近くなってから、悪意むき出しで会社を追い出されそうになるってすごいねwww
打たれ強さにはちょっと自信があったんですけど、今回のはちょっと堪えました。
まーいーやw

改めまして!
物乞いのモノゴィでっす!

「ぐもーっっ!!」

[ 2013年11月18日 17:31 ] カテゴリ:日々是徒然 | トラックバック(0) | コメント(12)

バラバラがパラパラと。

おいらの勤務先で、なんとも猟奇的なナニカが巻き起こっております!!
MONOGOiです。

「ぐも!」

久々のリアルネタ日記だぜYEAHッ!
あ、全然全く久々でもないかwww

相変わらず仕事は暇なので、工場の周辺の雑草の成長を眺めてウロウロしていた時の事です。
ふと、見つけてしまったのです。それを。

工場裏のシャッター付近に、大量の昆虫が、バラバラに解体された形で、パラパラとあちらこちらに散らばっておるのですよ。
四肢切断の上での死体遺棄です。
頭部・胸部・脚・羽。
それらがそこかしこに散らばっています。
不思議と、腹の部位は見当たりませんでした。

軒下って事もあるので、鳥が巣でも作っていて、そこにいるヒナが美味しい腹部分以外を「こんな下賤であさましい食べ物なんぞが食えるかバカモンがぁ!」と投げ捨てているのではないかとも思ったのですが、鳥の巣なんかありゃしませんでした。

なんなのコレ…。
なんの儀式?

島田荘司さんの『占星術殺人事件』で描かれたアソート殺人がこんな片田舎で、昆虫をつかって再現されようとしている!?
昆虫使った時点で“殺人”じゃないって?
いいじゃんいいじゃん“殺虫”って書いたら意味わかんないじゃん!!

殺した自分の6人の娘から各部を取り出し、それを星座にあわせて合成し新しい生命体(アソート)を作りだし、それを使って虫を殺すんかっちゅーねん!!
なんだそれ・・・。
一撃必殺ホイホイさんですか?
っていうか、ホイホイさんってそうやって作られているんですか!?
怖いっっっっ!!

801_convert_20130723101946.jpg  802_convert_20130723101958.jpg  803_convert_20130723102013.jpg


変な方角に暴走してしまいました。
反省。
話を元に戻しましょう。

お亡くなりになっているのは、クワガタ、カブトムシ、カミキリムシ、カナブン、タマムシにゴキブリ・・・。
ゴキブリ以外は、学術分類でいう動物界・節足動物門・昆虫網・鞘翅目(しょうしもく)に分類される昆虫です。(ちなみにゴキブリは昆虫網・ゴキブリ目)
なぜか唯一五体満足のまま死んでいるゴキブリを除き、うち捨てられた頭部パーツをざっと数えただけでも17あります。
こいつあ臭う!!
事件のニオイがプンプンするぜ!!

どなたかー!!
どなたか名探偵の方はいらっしゃいませんかー!
(股間の)見た目は子供!頭脳は大人!な名探偵の方はおられませぬかー!?
じっちゃんの桃尻を賭けて謎を解いてくれる名探偵の方はいらっしゃらぬかー!!

誰かこの猟奇事件に一応の解決をみせてー!!



っていうかなに?なんなのこれ・・・なんかすごく嫌な感じなんですけれど。
こりゃアレですか?
ダイソー行って105円の瞬間接着剤を買ってきて、『ぼくがかんがえたさいきょうの甲虫』なキメラを作れという事ですか!?
人語を話すキメラを造れという事ですか!!


っていうか虫キライ。Peッ!


本当になんだこれ・・・。
とりとめもなく、思い浮かんだ事をそのまま書き連ねるとこうなるという典型的な悪い例ですねwww
まいっか。



人気ブログランキングへ
[ 2013年07月23日 22:35 ] カテゴリ:日々是徒然 | トラックバック(0) | コメント(16)

久しぶりにただの想い出なお話。

今日は飲み会だし記事の更新はいいかなーなんて思ったりしていたのですが、明日から親戚が家に泊まりにきたりしちゃったり息子が運動会だったりしたりしてブログどころじゃなさそうなので、お茶を濁す程度の記事は書いときますねw
DQ全く関係ない思い出話なのだけれども。

先日、セカンドキャラのゴィこでセカンドチーム“セカンドコンプレックス”にログインした際に語ったらちょっとウケてたのでwww


これはMONOGOiが小学校高学年生だった頃のお話。
ある日、MONOGOiが友人宅の夕食に招かれた時のことです。
出されたカレーをさぁ食べようってタイミングで、友人ママがおもむろにセキセイインコを飼ってる鳥かごを持ってきて食卓の上に置きました。

「え?」

なんてちょっとびっくりして眺めていたら。
さも当然と云わんばかりに鳥かごからセキセイインコを取り出すわけですよ。
セキセイインコの方もなんだか小慣れた様子で、友人ママさんの指に頬をこすりつけて愛想を振りまいてから、ぴょんぴょんと跳ねるようなしぐさでカレーに近づくと、カレーに入っていたニンジンをついばみ始めました。

その様子の可愛い事ったら!
一発で心奪われました。
しかも、キャベツの葉っぱを持ってると誰それかまわずに突進してきてはモシャモシャと突いて食べるのです。
もうカレーどころではありませんでした。
インコがお腹いっぱいでキャベツに見向きもしなくなるまで、夢中になってキャベツを握り締めてました。


▲セキセイインコ


それからはもう寝ても覚めてもセキセイインコの事ばかり考えていました。
いや、違うな。
セキセイインコを飼いたい欲求を我慢するのは一晩が精一杯でした。
翌朝には母親に頼み込んでいました。

必死に頼み込むMONOGOi。
「どうせすぐに自分で世話しなくなる癖に」と冷たい反応の母親。
幾度にも及ぶ同じ問答を経て、なんとか渋々といった体の了解を得ることができました。
条件は2つ。

・あくまでも自分の小遣い(お年玉含む)で買ってくること
・最後まで世話は自分ですること

買っていいよと言われれば、どんな条件でも万々歳です。
学校から帰ってきてから、意気揚々セキセイインコを求めて近所のペットショップへ向かいました。


 ――中略。


出発時点よりもはるかにハイテンションで帰宅したMONOGOiは、両腕で抱えるにも少々余りある大きな檻を抱えていました。
その檻の中で逆さ向きにぶら下がっていたのは、セキセイインコではなく・・・コウモリでした。




そう、セキセイインコを買いに出かけたMONOGOiは、コウモリの子供を買って帰ってきたのです。
びっくりしました。
もう、なにが起こったのかさっぱりわかりません。
いや、それを見た母親はもっとびっくりした事でしょう。
正確には、びっくりするよりも前に、まずブチキレてた気がしますが・・・。

大泣きしながら食い下がったものの、許して貰えませんでした。
結局、必死の交渉で飼育用のケージとセットで5万円にまでまけてもらって買って来たオオコウモリは、翌日に返品されてしまう事になりました。

となるとです。
昨日見て憧れた、セキセイインコと家族の団欒食卓をコウモリで再現できるのは今晩を置いて他にないという事ではありませんか!
MONOGOは、新たな飼育環境で落ち着かないのか夜行性の活動時間からは明らかに早い時間であるにも関わらず、妙にせわしなくケージの中を動き続けているオオコウモリを愛おしそうに眺めながら、たった一度きりのチャンスを一生の想い出にしようと心に誓うのでした。


食事の時間がやってきました。
おもむろにケージからコウモリを取り出そうとするMONOGOiを見て、母親が「なにやってるの!!」と怒声を上げました。
姉貴は悲鳴を上げていた気がします。

「夜食を一緒に食べるんだよ」

MONOGOiは暢気にそう答えると、コウモリをケージから出しました。


 次の瞬間――

  
飼育環境の急激な変化から、おそらく錯乱状態に陥っていたのでしょう。
押えていたMONOGOiの手を払いのけるように羽ばたくと、オオコウモリが宙を舞いました。
これについての悲鳴を上げる間はなかったと思います。
オオコウモリはそのまま一直線に、ベランダのガラスドア目掛けて飛んでいきました。
吸い込まれるようにガラスに激突するオオコウモリ。
ガラスにヒビ一つ入ってないのが不思議なくらいの衝突音が部屋中に響き渡りました。

続くコウモリが床にドサリと落ちる音。

家族全員、状況が飲み込めずにぽかーんとしていました。
床に落下したコウモリはぴくりとも動きませんでした。
というか、そのまま二度と動くことはありませんでした。

その後の事は、よほどショックだった為かあまりよく覚えていません。
状況を理解してから激しく泣いた気がします。
母親から大怒られしてから再び泣いた気もします。
ご飯を食べたかどうかは全く記憶にありません。
ふて腐れて寝てしまったのかもしれません。

翌日、庭にコウモリの死骸を埋めながら再び泣きました。
懐く前にケージから出してしまうという自分の、至極軽はずみな判断で死なせてしまった事に泣きました。
コツコツ貯めた5万円が一瞬で消え去ってしまった絶望に泣きました。
悲しみに暮れているのに、それを察してくれないでヒステリー気味にキレつづけている母親に泣きました。
そして、超音波で地形情報を把握しながら暗闇を物にぶつかる事無く颯爽と飛行するとモノの本に謳われた憧れのコウモリが、「ちょwwwおまww超音波どこいったwww」とツッコまざるをえないレベルで無様にガラスに激突した現実に泣きました。


これはそう、幼少のみぎりのほろ苦い想い出。
この4~5年後、MONOGOiは同じペットショップでプレーリードッグと運命の出会いを果たすのですが、それはまた全然別のお話。


ちなみにこのオオコウモリ、アフリカオオコウモリって名前だと記憶していたのですけれども、ネットで検索してもHITしてくれません。
どうも記憶違いしてたみたいですね。
ま、どうでもいい話ですがw


↓↓↓

人気ブログランキングへ
[ 2013年06月01日 00:54 ] カテゴリ:日々是徒然 | トラックバック(0) | コメント(20)
プロフィール

MONOGOi

Author:MONOGOi
物乞いのMONOGOiです。
主にDQXのサーバ25で物乞いのモノゴィやってます。
マッシュルーム3010丁目の3番地で農園開きました。
是非是非水とうんこばら撒きに来たって!

アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR
著作権についてとか
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。