MONOGOiのうなぢ TOP  >  スポンサー広告 >  日々是徒然 >  久しぶりにただの想い出なお話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久しぶりにただの想い出なお話。

今日は飲み会だし記事の更新はいいかなーなんて思ったりしていたのですが、明日から親戚が家に泊まりにきたりしちゃったり息子が運動会だったりしたりしてブログどころじゃなさそうなので、お茶を濁す程度の記事は書いときますねw
DQ全く関係ない思い出話なのだけれども。

先日、セカンドキャラのゴィこでセカンドチーム“セカンドコンプレックス”にログインした際に語ったらちょっとウケてたのでwww


これはMONOGOiが小学校高学年生だった頃のお話。
ある日、MONOGOiが友人宅の夕食に招かれた時のことです。
出されたカレーをさぁ食べようってタイミングで、友人ママがおもむろにセキセイインコを飼ってる鳥かごを持ってきて食卓の上に置きました。

「え?」

なんてちょっとびっくりして眺めていたら。
さも当然と云わんばかりに鳥かごからセキセイインコを取り出すわけですよ。
セキセイインコの方もなんだか小慣れた様子で、友人ママさんの指に頬をこすりつけて愛想を振りまいてから、ぴょんぴょんと跳ねるようなしぐさでカレーに近づくと、カレーに入っていたニンジンをついばみ始めました。

その様子の可愛い事ったら!
一発で心奪われました。
しかも、キャベツの葉っぱを持ってると誰それかまわずに突進してきてはモシャモシャと突いて食べるのです。
もうカレーどころではありませんでした。
インコがお腹いっぱいでキャベツに見向きもしなくなるまで、夢中になってキャベツを握り締めてました。


▲セキセイインコ


それからはもう寝ても覚めてもセキセイインコの事ばかり考えていました。
いや、違うな。
セキセイインコを飼いたい欲求を我慢するのは一晩が精一杯でした。
翌朝には母親に頼み込んでいました。

必死に頼み込むMONOGOi。
「どうせすぐに自分で世話しなくなる癖に」と冷たい反応の母親。
幾度にも及ぶ同じ問答を経て、なんとか渋々といった体の了解を得ることができました。
条件は2つ。

・あくまでも自分の小遣い(お年玉含む)で買ってくること
・最後まで世話は自分ですること

買っていいよと言われれば、どんな条件でも万々歳です。
学校から帰ってきてから、意気揚々セキセイインコを求めて近所のペットショップへ向かいました。


 ――中略。


出発時点よりもはるかにハイテンションで帰宅したMONOGOiは、両腕で抱えるにも少々余りある大きな檻を抱えていました。
その檻の中で逆さ向きにぶら下がっていたのは、セキセイインコではなく・・・コウモリでした。




そう、セキセイインコを買いに出かけたMONOGOiは、コウモリの子供を買って帰ってきたのです。
びっくりしました。
もう、なにが起こったのかさっぱりわかりません。
いや、それを見た母親はもっとびっくりした事でしょう。
正確には、びっくりするよりも前に、まずブチキレてた気がしますが・・・。

大泣きしながら食い下がったものの、許して貰えませんでした。
結局、必死の交渉で飼育用のケージとセットで5万円にまでまけてもらって買って来たオオコウモリは、翌日に返品されてしまう事になりました。

となるとです。
昨日見て憧れた、セキセイインコと家族の団欒食卓をコウモリで再現できるのは今晩を置いて他にないという事ではありませんか!
MONOGOは、新たな飼育環境で落ち着かないのか夜行性の活動時間からは明らかに早い時間であるにも関わらず、妙にせわしなくケージの中を動き続けているオオコウモリを愛おしそうに眺めながら、たった一度きりのチャンスを一生の想い出にしようと心に誓うのでした。


食事の時間がやってきました。
おもむろにケージからコウモリを取り出そうとするMONOGOiを見て、母親が「なにやってるの!!」と怒声を上げました。
姉貴は悲鳴を上げていた気がします。

「夜食を一緒に食べるんだよ」

MONOGOiは暢気にそう答えると、コウモリをケージから出しました。


 次の瞬間――

  
飼育環境の急激な変化から、おそらく錯乱状態に陥っていたのでしょう。
押えていたMONOGOiの手を払いのけるように羽ばたくと、オオコウモリが宙を舞いました。
これについての悲鳴を上げる間はなかったと思います。
オオコウモリはそのまま一直線に、ベランダのガラスドア目掛けて飛んでいきました。
吸い込まれるようにガラスに激突するオオコウモリ。
ガラスにヒビ一つ入ってないのが不思議なくらいの衝突音が部屋中に響き渡りました。

続くコウモリが床にドサリと落ちる音。

家族全員、状況が飲み込めずにぽかーんとしていました。
床に落下したコウモリはぴくりとも動きませんでした。
というか、そのまま二度と動くことはありませんでした。

その後の事は、よほどショックだった為かあまりよく覚えていません。
状況を理解してから激しく泣いた気がします。
母親から大怒られしてから再び泣いた気もします。
ご飯を食べたかどうかは全く記憶にありません。
ふて腐れて寝てしまったのかもしれません。

翌日、庭にコウモリの死骸を埋めながら再び泣きました。
懐く前にケージから出してしまうという自分の、至極軽はずみな判断で死なせてしまった事に泣きました。
コツコツ貯めた5万円が一瞬で消え去ってしまった絶望に泣きました。
悲しみに暮れているのに、それを察してくれないでヒステリー気味にキレつづけている母親に泣きました。
そして、超音波で地形情報を把握しながら暗闇を物にぶつかる事無く颯爽と飛行するとモノの本に謳われた憧れのコウモリが、「ちょwwwおまww超音波どこいったwww」とツッコまざるをえないレベルで無様にガラスに激突した現実に泣きました。


これはそう、幼少のみぎりのほろ苦い想い出。
この4~5年後、MONOGOiは同じペットショップでプレーリードッグと運命の出会いを果たすのですが、それはまた全然別のお話。


ちなみにこのオオコウモリ、アフリカオオコウモリって名前だと記憶していたのですけれども、ネットで検索してもHITしてくれません。
どうも記憶違いしてたみたいですね。
ま、どうでもいい話ですがw


↓↓↓

人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2013年06月01日 00:54 ] カテゴリ:日々是徒然 | トラックバック(0) | コメント(20)
No title
昨日聞くことがお話がアップされてるw
笑えるお話として聞いていましたが、悲しくそしてほろ苦い思い出話でしたね。。。
[ 2013/06/01 01:28 ] [ 編集 ]
哀しすぎる
少年期の思い出話として、幼さ故の無邪気さと残酷さを感じさせる切ない話に、ほろりと来ました。
あと、この話を読んでオオコウモリについて調べたんですが、オオコウモリの多くは超音波で地形を把握したりしないらしいですよ
[ 2013/06/01 02:37 ] [ 編集 ]
こんにちは!
うちの実家も生き物は一切飼わせてもらえなかったんですが
オオコウモリ…
ちょっとググったらルーセットオオコウモリってのが
今も4~5万で買えるようですよ(´・ω・`)

ちなみに我が家は嫁・長男がぜんそく持ちなのと
次男が猫アレルギー&犬苦手なんで、小動物は一切
飼えない環境となっております。・゚・(ノД`)・゚・。
[ 2013/06/01 09:59 ] [ 編集 ]
No title
途中、インコがオオコウモリになったところで爆笑しましたが、最後まで読んでたら泣けてきました(;;)
うちの子も言いますね~、「犬ほしい~、自分のお金(お年玉)で買うから!自分で世話をするから!」でも、絶対に続かない事を私は知っている!ww
残念なことに、子供の悲しみもわかるけど、ごぃさんのお母様の気持ちも痛いほどわかる年齢になってしまいました><
[ 2013/06/01 13:07 ] [ 編集 ]
No title
インコ飼ってたよ!
団地に住んでた時の事だけど、ちょいちょい飛んでくるんだよね~☆
そして、しばらくするとうっかり逃がしてしまう。
しばらくするとまた別のが飛んでくるw

買った記憶はないねぇ^^
[ 2013/06/01 16:23 ] [ 編集 ]
No title
コウモリってうってるの…!?

僕もセキセイインコ何回も飼ったよ!
ヒナから育てるのがまた好きでねぇ
ゴィさんの話で昔を思い出して少しホロリときたよよよ…
[ 2013/06/01 19:04 ] [ 編集 ]
No title
初コメせずにはいられませんでした
コウモリ……!!(;_;)/~~~
セキセイインコは超激烈にかわいいですね!
うちのこ鼻の下にくちばしくっつけてくれます(*´▽`*)
[ 2013/06/01 23:01 ] [ 編集 ]
No title
うちも昔白と黒の2匹のインコ飼ってました
名前はくにおとりき
2匹とも気付いたら脱走してました 多分花園高校へ向かったんだと解釈してます
[ 2013/06/03 00:21 ] [ 編集 ]
(T_T)
ツイッターはじめました、ゴィ様よりフォロー頂きました。
(こっちからフォローしたんですが(笑))
よろしくお願いします。
ペットの話は似たような話を自分も記憶しています。
笑っちゃいけないのかもだけどその時の自分に今は笑えちゃったりします。
ゴィさんのおかげで少し昔を振り返れそうです(´・_・`)
[ 2013/06/03 09:48 ] [ 編集 ]
>モモさん
ほろ苦い経験談なんですよw
昔は、生きた毛蟹を鍋に入れるってだけで涙を流す多感な少年だったので、この出来事にはガチ泣きしました。
今では不謹慎にも笑い話の類としてネタに使っちゃっているんですけどね・・・。
いつからこんなんなっちゃったんでしょうね・・・。
[ 2013/06/03 10:05 ] [ 編集 ]
>チェノアさん
最後のお墓を作る時は、喜怒哀楽の色んな思いと色んな思考が入り乱れすぎて、なにが悲しくて泣いてるんだか自分でも良く判らない状況でしたよ。
単に混乱していただけなのかもなんですけど、すごく不思議な感情でした。

オオコウモリって超音波出さないの!?
云われてみれば顔からして違う・・・。
見たまんまネズミの一種!?
マージカー・・・。
[ 2013/06/03 10:13 ] [ 編集 ]
>おパタさん
さすがに昔すぎて、オオコウモリの名前は色々調べましたけどどれを見ても「これだっ!」と言えるものは見つけられませんでした。
結構真っ黒で首の周りに赤茶色の長い毛が生えてたと思います。

我が家も同じような感じです。
小型犬とか飼いたいんですけど許してもらえませんです。
せちがらいですよね。
[ 2013/06/03 10:21 ] [ 編集 ]
>あいりさん
判ります判ります!
うちの子もやっぱり動物飼いたがるんですけど先が見えすぎて買ってやる気になりませんw
一度それで悲しい想いを経験すれば少しは覚えるんでしょうけど、そこまで非情にもなりきれないんですよね・・・。
[ 2013/06/03 10:24 ] [ 編集 ]
>ちぇか☆さん
飛んできたインコを捕獲するの!?
当時おいらも団地住まいだったけど、そんなドリームは経験できなかったな・・・。
せいぜい近所で逃げ出したモルモットがベランダ伝いに迷い込んできて死んでたくらいかな・・・。
[ 2013/06/03 10:27 ] [ 編集 ]
>くうさん
コウモリ売ってますよ!
オオコウモリは結構間近で見ると可愛いのよ。

ヒナから!!
いいねいいね!懐きまくっちゃったりするのかしら?
昔ウズラをヒナからって友達はいたけれど、友人の姿を見るとちょこちょこついて回ってて可愛かった!
ペット談義にホロリはつき物ですよねw
[ 2013/06/03 10:31 ] [ 編集 ]
>ぽぽさん
セキセイインコの可愛さは反則ですよ!
結局一度も飼えずに終わってしまいましたけど・・・。
鼻の下に頬擦りとかくちばしくっつけてきたりなんかされたら萌え死にます。
間違いなく・・・。
[ 2013/06/03 10:34 ] [ 編集 ]
>ぺけぴーさん
くにおとりき・・・。
きっと花園高校で、永遠のライバルとしてドッヂボールとかしていますよ今でも!
っていうか、あやつらどうやって檻から逃げ出すんでしょうね・・・。
針金で固定してたのに逃げられたなんて言っていた友人がいましたよ。
[ 2013/06/03 10:38 ] [ 編集 ]
>アルテミスさん
こちらこそよろしくですよ!
やっぱり皆さんペット絡みでは色々逸話を持っていらっしゃるんですねwww
甘酸っぱかったりほろ苦だったり・・・。
なんにせよ、その経験から得たものって大きいんですよね。
[ 2013/06/03 10:43 ] [ 編集 ]
No title
それぞれの場面が思い浮かぶ、楽しくも悲しいお話しでした。
色々と考えさせられます。
ゴィさんの写真が欲しくて遊びに来てよかった~
[ 2013/06/03 14:55 ] [ 編集 ]
>うるさん
子供ながらに物凄く衝撃的な事件だったみたいでしてw
一部あやふやな記憶もあるものの、大筋ではかなりの細部まではっきり覚えています。
この出来事で得た教訓は大きかったですね。
本当に辛いこと悲しいことは、笑い話にして自分を誤魔化してしまえばいいという逃げ手段はこの経験から導き出した自分なりの回答です。
未だに良し悪しの判断に迷う答えなのですけれどもw
[ 2013/06/03 16:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

MONOGOi

Author:MONOGOi
物乞いのMONOGOiです。
主にDQXのサーバ25で物乞いのモノゴィやってます。
マッシュルーム3010丁目の3番地で農園開きました。
是非是非水とうんこばら撒きに来たって!

アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR
著作権についてとか
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。