MONOGOiのうなぢ TOP  >  スポンサー広告 >  日々是徒然 >  英語の時間です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

英語の時間です

その昔、その昔なお話。
なんの因果か、外人さんと一緒に仕事をする機会がありました。

芸術家屋さんな外人さんにアレやらコレやらと指示をもらって、とある造形物を作っていくという、なんともドリームあふれる仕事でした。

その時に一緒に作業をしたのがD・Z(仮称)でした。
彼はバリバリのアメリカ人で、こちらに英語を解する人間がいない事を良い事に、言葉の端々で俗語(スラング)を発するナイスガイでした。

いかに英語を理解できないおいら達といえども、「Fuck」だ「Shit」だといった有名な単語くらいは知ってます。
彼がそういった低俗な単語を発する度に、通訳のお姉さんが言葉を詰まらせるのがとても愉快でなりませんでした。


ある日、散々作り直しを命じられ続けていた作品の一部が完成しました。
それを目にしたD・Z(仮称)は大はしゃぎです。
飛び跳ね、拍手し、軽快で複雑なステップを踏みながら

 「Shit Beautiful!」

を連呼しています。

動きから察するに、出来上がりをけなしている訳ではなさそうです。
とするならば、直訳はこうなるのでしょう。

→『クソッなんて美しいんだ!』

お~、誉められてるんじゃん俺達!

一向にD・Zの言葉を訳しようとしてくれない通訳さん(女性)に耐えかねて、自分なりの解釈をするおいら達。
そんなおいら達の内心を知ってか知らずか、D・Z(仮称)がカタコトの日本語を口にしました。

 「Oh・・・キ・レーイ!」

どうやらおいら達の解釈に間違いは無かったようです。
みんなで素直に喜びあいました。

そこでD・Z(仮称)が通訳さん(女性)と何かを話し始めました。
話し振りと、その後の流れから判断するに、こんな感じだったのではないかと思います。

 「Beautifulはキレイ。じゃあShitは日本語でどう言うんだ?」

素敵過ぎです。
なんてお茶目で素晴らしい質問でしょう。

通訳さん(女性)すごく困ってます。
しばらく黙ってから、苦しそうに通訳さん(女性)が口にした言葉は・・・

「うんち」でした。


その訳はこの場合
間違っていると思います!

しかし、そんな事はわかる筈もないD・Z(仮称)、おいら達のために覚えたばかりの日本語を披露してくれます。

「Oh! ウンチ・キ・レーイ!
  Fantastic! Excellentッ!」


大仰に、感動を表すジェスチャーまで交えてます。
感動のあまり泣きそうだよ!的な動きです。
泣き出したいほどリアクションに困っているのはこっちです。本当に勘弁してください。


 「ウンチ・キレーイ!」(握手)
 「ウンチ・キレーイ!」(握手)
 「ウンチ・キレーイ!」(握手)
 ___以下略

ご丁寧に、おいら達一人一人に握手を求めるD・Z(仮称)。

ひたすら爆笑する通訳さん(女性)!
涙と鼻水が垂れていようがお構いなしに笑っています。
 
それを羨ましく思いつつ、絶え間なく波状攻撃を仕掛けて来る"笑いの衝動"から必死に逃げ回るおいら達。
もはや、耐えればいいのか笑えばいいのか御礼を口にすればいいのか全然わかりません。

おいらの好きな"amazarashi"の歌の中にこんな歌詞があります。

 『♪必ず死ぬと書いて必死___』

そうです。
いかに華麗に逃げ回ろうとも、必死でいる限りはいつか必ず死ぬのです。



___そして訪れる我慢の臨界点!



ついに、仲間の一人が衝動に耐えかねて口走ってしましました。
遠慮がちな小さな声で、気恥ずかしさに溢れながらも小さく万歳のポーズを交えて___


 「うんちきれーい!ィェー」


誰もがこの瞬間を待っていました。
誰もが喉元まで出かけていながら口に出すことが出来ずにいた一言です。
待ちに待っていた一言です。
勇気ある彼に惜しみない拍手を送ります。
誰だったか忘れたけど。


その後は全員で肩を組んで、爆笑しながら絶叫です。


  「うんち・きーれいッ!!」

 「うんち・キレ~~イ!」

 「うーんーち!!」「ソリャッ(合いの手)」

 「うーんーち!!」「ホリャッ(合いの手)」

 「うーんーち!!」「YEAHッ(合いの手)」


いつしか謎のシュプレヒコールになりました。

誰もが笑っていました。
そして誰もが泣いていました。
耳まで真っ赤にして泣いています。

もはや意味がわかりません・・・

そうしてD・Z(仮称)は、誰にも日本語の誤りを教えてもらえぬままおいら達の前を去っていきました。
そして取り残されたおいら達は結論します。

“あの通訳さん(女性)、確信犯だったっぺ!”

きっと今でも、D・Z(仮称)は信じていることでしょう。


___『Shit』は日本語で言うと『うんち』であると。


そうです。決して間違っちゃいません。
通訳さん(女性)は、嘘は教えていないのですから。

でもですね、


 
『Shit Beautiful』は『うんちキレイ』ではありません。

果たして誰が一番いけなかったのでしょうね?
きっと通訳さん(女性)ではないんです。
おいら達は結論します。

 「Shit Beautifulは日本語で言うとなんていうんだ?」

そう質問しなかった、D・Z(仮称)こそがきっと諸悪の根源である、と。
そう聞いていれば、聞きさえしてくれていれば、通訳さん(女性)も「うんちキレイ」とは決して答えなかった筈なのです・・・。




 
___しかし---。

関連記事
[ 2013年01月30日 20:02 ] カテゴリ:日々是徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

MONOGOi

Author:MONOGOi
物乞いのMONOGOiです。
主にDQXのサーバ25で物乞いのモノゴィやってます。
マッシュルーム3010丁目の3番地で農園開きました。
是非是非水とうんこばら撒きに来たって!

アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR
著作権についてとか
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。