MONOGOiのうなぢ TOP  >  スポンサー広告 >  日々是徒然 >  そうだ、トイレ行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

そうだ、トイレ行こう!

その昔、外国人のお方々と一緒にアートなお仕事をしてました。なんて話は、前に記事にした事があるわけで、今日のお話もそれにまつわるお話であったりするのです。


そう、あれは暖冬とは申せ、吹く風はやはり冷たく肌に刺さるそんな時候の出来事であったか、うららかな好季節を迎え、桜の花も散りはじめるそんなかげろう萌える季節であったか、借りてきた猫もほころぶアザラシの季節かはたまた熱砂吹き荒れる灼熱の太陽がまぶしく目を焼く残暑厳しき折からの季節の出来事であったろうか・・・。
まぁ、ようするに全く覚えていなかったりします。

っていうか手紙の書き出しなんかで並べる「時候の挨拶」ってなんですかあれ?
なんか気の利いた文章考えないと鼻で笑われますよみたいな異様な空気感出しやがってですよ。
下手すりゃここだけで30分以上悩みますよ?
馬鹿ですか?
え、悩む方がよっぽど馬鹿? ごもっとも。


 ___閑話休題




そんな中、突然上司に呼ばれて指令を受けました。

曰く、今日はアートディレクターの外人さんらが集まって、デザインのミーティングを行うらしいからお前も出ろ、と。

要するに、外人同士の英語のやりとり聴いててもアレだからお前替わりに出ろよと言いたいようです。
軽く殺意を覚えますがここはぐっと我慢です。
大人な分別ついてるMONOGOi超かっけーです。


こうしてMONOGOiは魑魅魍魎然とした外人さんらが跳梁跋扈する甚だ怪しい会議に出席することになりました。

会議が始まってすぐに、上司の読みが正しかった事を、MONOGOiは知りました。

毛唐どもは思うがままにホワイトボードに落書きしては、不思議な呪文めいた英語を呪詛のように口から吐き出します。
なんとなーくニュアンスが伝わってくるイラストもあるにはありましたが、なんか変なネズミみたいなイラストを描いては大声で笑い合ってみたり、お互いの似顔絵を描いては罵り合ったりを繰り返し、もはやナニやってるんだかわかない様相です。
(それにしても、あのメリケンネズミを鼻から描くのには驚きました。)

通訳さんは会議室には居るのですけど、なんか隅っこのほうで集まって談笑してます。

もう完全にこれ職務放棄だよね!?


 ___気付けば3時間くらい経過してました。


この時、MONOGOiの膀胱は臨界を迎えました。
おそらく、勝手にトイレに立っても問題はないだろうと判断して、おもむろに椅子から立ち上がったところ・・・。

それまで騒然としていた会議室が、まるで水をうったように静まり返りました。

総勢8人の毛唐ラクガキアーティストと通訳8人、それにMONOGOiと共に居心地悪げにマネキンと化して参加していた同業他社の日本人が4人。
その全員が一斉にMONOGOiを見ています。一言も発せずにです。

「あ・・・いや・・・あの・・・と、トイレにね、ちょっとね、うん」

どもりまくりながらもやっとの思いでそれだけ言いました。
よし、これでもう安心、胸を張って会議室を出よう。
そう思ったのもつかの間・・・。

「What?」

毛唐の一人がいぶかしげな表情で言いました。
ホァット? じゃねーよ。
トイレ行くだけだっつのよ!

「ah-n・・・toilet!」

ちょっとそれっぽく発音してみました。
通じませんでした。
その後も必死に「トイレット!トイレット!」だの「アイウォントトイレット!」だのと叫んでいた気がしますが全く通じませんでした。

「NO、NO、NO・・・うにゃうにゃ」

なんかノーのあとにうにゃうにゃ言ってますが全然判りません。
っていうかノーってなんだよ。

英語でなにを言えば通じるだろうかと必死に思い巡らせているうちに、尿意がK点を超えました。

「アオッ!」

思わず奇声が出ます。
なんかちょっとウケてました。
いや違うウケてどうするとすぐに思い直し、行動に出ることにしました。

「HEYッ!」

必要以上に大きな声で呼びかけると、大げさなジェスチャーで立ち小便をするポーズを取りました。


「OK!?」

すかさず眼光鋭く問い詰めます。
ここは相手に考える時間を与えては負けです。
さらに一歩を踏み出して威嚇します。

「Okey dokey!」

ついに! ついに伝わりました。
MONOGOiの勝利です。

そして毛唐共は、そんなMONOGOiの勝利を讃えるかのように言葉を続けました。

「Good LUCK!」

8人が一斉にMONOGOiに親指を立てた右手を突き出しました。
なんだか、MONOGOiの胸の奥に、感動にも似た不思議な感情が湧き上がりました。
なんかもう涙出そうです。
唇が震えて声が出ません。

せめて気持ちだけは伝えたかったので、会議室の扉の前で最敬礼をしました。

こうしてMONOGOiは感動の内にトイレへ駆け込む事ができたのでした。
ちなみに、ちょっと漏れてました。←


その後、通訳さんから教えて貰ったのですが、英語圏ではトイレの事をレストルームって言い方するそうです。
トイレットでは「便器」の意味になるとかで、この場合でのMONOGOiの行動は、外人さんの描いたイラストを「便器便器!」と連呼しているようにも見える危険行為だったのだそうです。

っていうか通訳ナニやってるの!!
仕事しろよ!



↓↓↓

人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2013年02月19日 20:37 ] カテゴリ:日々是徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

MONOGOi

Author:MONOGOi
物乞いのMONOGOiです。
主にDQXのサーバ25で物乞いのモノゴィやってます。
マッシュルーム3010丁目の3番地で農園開きました。
是非是非水とうんこばら撒きに来たって!

アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR
著作権についてとか
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。