MONOGOiのうなぢ TOP  >  スポンサー広告 >  DQX >  『物乞い灰色化計画』報告書

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『物乞い灰色化計画』報告書

愛用のスマホから、得体の知れないエラーメッセージが垂れ流されるようになったので点検して貰いにショップへ行ってきたところ、めでたく初期化されて帰ってきました。

悲しすぎてもはや涙も枯れました。
物乞いのモノゴィです。
「ぐも!」


今日は前回の後口上で触れた、モノゴィ灰色化計画の軌跡を語って行きたいと思います。
なんかね、もっとこう・・・サクッっと終わるものだと思っていました。
サクッとパリッと終わるものだと思っていたんですよ。




人気ブログランキングへ






真っ白なさらさんに対して、モノゴィは真っ灰色で行こう!
そうとも、これはパクリなんかじゃぁない。インスパイアされただけなんだ!
とりあえず「インスパイア」って言葉を使っておけば大丈夫って、昔TVで偉い人が言ってた。
「いんすぱいあ」の意味なんかは知らないけれど、なんか万能な言葉らしいから大丈夫。

方向性が決まってしまえば、あとは突っ走るだけです。
こうと決まれば我慢とか無理なんです物乞いですから。

ウキウキ気分でえりんに仕立ててもらった、新品の「絹のローブ」を抱えてメギストリスの仕立て屋さんへ走ったモノゴィを待っていたのは、しかし悲しい現実でした。

事前調査はバッチリの筈だったんです。

だって・・・さらさんという完成形を真似して終わり。
ただそれだけで終わりの筈だったんですから。
それが・・・。

まさか襟のところだけは白い色が残ってしまうなんて!
神様はどこまで残酷なのでしょう。


▲きぬのローブでは真っ灰色にはならないっ!


ふぁっきんじーざすくらいすと!です。



その日は途方に暮れて寝てしまったモノゴィでしたが、翌日、ドレスアップ系のサイトを巡回していて替わりの一品を発見しました。


___ぬすっとの服!


アリーナコスなどでおなじみですね。
あれですと、黄色と青の2色に染められています。
見る限りいらん色残りはなさそうじゃあないですか。
これしかないって感じです。


さっそくえりんに依頼してぬすっとの服を仕立ててもらいます。

メギストリスの仕立て屋さんまで、わざわざぬすっとの服を届けてくれたえりんから、「がんばって」という激励の言葉までもらいました。
俄然やる気が出ます。


▲戦地へ赴く学徒兵の面持ちで灰色を約束するモノゴィ


ま、灰色に染めて着るだけなんですけどね。
灰色に染めて着るだけだったんですけどね・・・。
あれ・・・。

魔法使いじゃ着れないんじゃないコレ。

仕方なしに旅芸人に転職しました。
仕切り直しです。

ぬすっとの服を着て準備は完了。
改めてカラーリング屋さんへ!


___今度は完璧です!


すばらしい灰色っぷり!
感激ですよ。
これで、あとは昨日染色を終えた絹のローブ(下)を履けば・・・。
履けば・・・。
履ければ・・・。

そうね、履ければ完璧だったね。

履けなかったけどね。

ちょ・・・なにこれどうなってんの!?
この組み合わせってLv7以上のスーパースターじゃないと着れないんじゃん!!


スーパースターなんてLv7どころかクエストの受注すらしてないっつーの!
なにこの試練・・・。

とはいえ、ここまできて『>あきらめる』という選択肢はモノゴィにある訳ないじゃあありませんか!
やってやる!ですよ

「ねーちゃん、あしたっていまさッ!」


「モノゴィの灰色衣装完成の為だけに、スーパースターに、俺は、なるっ!」

背水の陣を敷く為に、チームメンバーに宣言をします。
もう後には引けません。
噂ではものっそい面倒だと聞かされているスーパースターの転職クエ。
物怖じしてずっと避けて来たクエストです。

気を抜くと挫けてしまいそうな心を無理やりに鼓舞して、クエストを受注しました。
いざ、キラキラ大風車へ!


回復役のサポート仲間に「おれにまかせろ」の作戦を伝えて、ターゲットのひとつ目ピエロに闘いを挑みます。
適度にダメージを与えた後に、『ボケ』を繰り返します。

___『ボケ』のみでテンションをスーパーハイテンションまで引き上げて3匹のひとつ目ピエロを倒す。

目的は単純明快です。
しかし・・・。
『ボケ』ても『ボケ』てもテンションは一向にあがりません。
なんだこれ・・・。

さて、タコメットでも行こうかな。
そう考え始めた時でした。


___ピッピッ!


「応援するよ」

なんと、うどんを煮に離席していた筈の我らがリーダーイコプがバトルマスターで応援に駆けつけてくれました。

感動です。

そして、さすが噂に聞くバトルマスターの応援です。
バンバンテンションが上がっていきます。

___あと1段階でSHTだ!

無言でイコプに目配せすると、イコプが親指を立てました。

イコプ 「沸騰した!沸騰した!」

そしてそのまま動かなくなるイコプ。
そして空しく響き渡るモノゴィ『ボケ』による金たらいの転落音・・・。
上がらないテンション。

イコプ 「またせたな! もう大丈夫だ。うどん、超うまそうになってきた」

モノゴィ 「うどんは二の次でお願いします;;」







ようやく初めのSHTで1匹目のひとつ目ピエロにトドメを刺します。
あと2匹。

モノゴィ 「バトマスの応援あっても、4段階って長いね・・・」

イコプ 「・・・・・・」

モノゴィ 「わーい、ボケではじめてテンション上がったよ!」

イコプ 「・・・・・・」

モノゴィ 「この野郎・・・うどんに行きやがった!」

モノゴィ 「チクショウ、負けないぞ!」



▲うどん完成。


イコプ 「うんまぁぁああああああああい!」



イコプ 「・・・・・・」

モノゴィ 「イコプーーーーーーっ!」

イコプ 「・・・・・・」

モノゴィ 「イコプはもうダメだ・・・もはやうどんに魅せられて心を失ってしまった!」

イコプ 「・・・・・・」

モノゴィ 「しかし、言葉は! 気持ちは! 信じる心がある限り!必ず伝わる!」



▲見かねて応援してくれた通りすがりのるってぃさん


っていうかイコプいねーじゃねーかっ!
ひたすら白チャで騒いでいましたよ・・・一人で。


その後、やっと姿を見せたイコプは、なんか名前がオレンジ色になってました。




うどんに夢中になっているからそういう事になるんです。

イコプがうどんを食し終わってからはあっという間でした。
いや、マジでバトルマスターの応援すごいです。
スーパースターの転職クエストがまだの人は、是非知り合いに頼みましょう。
全然違います。
っていうか、応援なしでやった人たち凄いなって本気で思います。


なんにせよ、ついにクエストが終わりました。
これで、晴れてモノゴィもスーパースターの仲間入りです。

まだ途中だったドレスアップ屋さんのクエストをこなすついでにミュルエルの森でLV上げをします。
目標はLv7なのであっという間ですねw


ここまでがんばってようやく、物乞いが真っ灰色になりました!
これを下地に、ドレスアップをして『水のはごろも』を上下共に灰色のローブにして完成です。

ドレスアップは高いという噂を耳にします。
今回のVUで半額になったとはいえ、それでもそこそこの金額はするみたいです。

メイン・サブカラー共に灰色に染めた『ぬすっと服』を『絹のローブ(上)』に合成して、その『絹のローブ(上)』を『水のはごろも(上)』に合成。
そしてメイン・サブカラーを共に灰色に染めた『絹のローブ(下)』を『水のはごろも(下)』に合成。

全部で3回のドレスアップ合成が必要になります。
無料券の手持ちが2枚。
@1枚をバザーで購入してからドレスアップ屋さんに行くことにしました。

そのつもりでした。
しかし、何故か気付くとドレスアップ屋さんの前に立っていました。
あれ?

ま、せっかくですから、そのお高いドレスアップ代金とやらを拝んでからにしましょうか。
どれどれ・・・。


・・・・・・。
って『ぬすっと服』と『絹のローブ』の合成700円じゃん!
うははは
装備レベルが低いと、金額も安いんですねーwww

あっぶね。
700円の合成の為に、3200円のドレスアップ無料券を買うところだったwww


みなさんもお気をつけてっ!



▲こうして完成したのがこちら!


全裸の時には、多少ストリートファッション的なラフさが残っていましたが、こうなるともう完全にフォーマルです。
意識的に隠していた上品さってやつが、隠しきれずにオーラとなって全身を包んでしまっています。

これはちょっとどうでしょうかね?
歩く効果音とかが『しゃなりっっ! しゃなりっ!』とかになっちゃって、立ち振る舞いにかかわらず、言動の全てに高貴さがにじみ出てしまったら、チームメンバーのみんなとか、今までみたいにモノゴィに気安く接することとかできなくなっちゃうかもしれません。

今までみたいな、フランクな会話のキャッチボールとかできなくなったら嫌だなー。
どうしよう・・・
どうしたらこの、身から溢れる神々しさを隠せるだろう・・・。


まぁ、まずはちょっと様子を見てから考えてみましょうかね。
多少堅苦しくなったら、「なんだよ、やめてよねー、今まで通りでいいんだよー。俺は俺なんだからっさ。」って笑顔で言えばいいよね。







▲心配は無用でした。






ブログランキングに参加しています。
よろしければポチッとしてもらえるとモノゴィのテンションが上がります。
↓↓↓

人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2013年03月25日 11:40 ] カテゴリ:DQX | トラックバック(0) | コメント(9)
大好きです★
いつも笑わせてもらっています(*^^*)今回も最高でした!
[ 2013/03/26 07:44 ] [ 編集 ]
No title
いやーあのうどんはうまかった。茹でたあとに生卵の黄身と味の素と醤油で食べたんだ。生醤油のキリッとした味の奥にどっしりと構える味の素の芳醇な旨味。そこに渾然一体となり弾けるコシのあるメンが合わさってまさにビッグバン奇跡を感じた。涙が止まらなかった。俺は、生きてる。そう感じた夜ご飯だったー。
[ 2013/03/26 10:37 ] [ 編集 ]
No title
さすがコスポのリーダさま!うどんに魅了されるとはw
どっちかというとひたすらボケてるモノゴィさんを見たかった(^^)
[ 2013/03/26 12:45 ] [ 編集 ]
No title
おお、灰色!!完璧ですね!!
インスパイアなんてトンデモナイ。
あの日はじめてモノゴィさんを見かけて、心が揺さぶられたのは私の方ですよ!
ああ、コレだ。私が求めていたのはコレだったのか、と。
モノゴィさんの灰色への強い思いに感服しました。お見事です。
[ 2013/03/26 15:36 ] [ 編集 ]
Re:
>まゆしいさん

ありがとうございます!
いつも勢いだけで書いているものですから、笑える文章になっているのか腹立たしい文章になっているのか、本人にはなかなか判らないんですよw
安心しました。
この方向性でがんばってみます!


>イコプ

チクショウ・・・なんだよそれ・・・
超旨そうじゃないかよー!
今晩はうどんだ!
醤油の代わりに、カプラさんとこの記事を真似てこないだ作ったそばつゆかけてみる!
おいらも宇宙創生を肌で感じたい!


>よっしーさん

イコプがうどんに夢中になってどっか行ってしまっている時、完全に一人で道行く人に応援を求める物乞いは哀しすぎました。
しかも、見かねて応援してくれた人に、イコプと思ってたものだから、「弾幕薄いぞなにやってんの!」とか言うところだったんですよ!
危なかったです。
打ち込み終わって、エンター押す前に気付いてよかったw


>さらさん

おお!
お互いにお互いを見て心震わせていたのですね!
すばらしい感銘のスパイラル!
行きましょう!
手に手を取って極めましょう!
あのドリルの螺旋の頂へ!
単色の楽園へ!
[ 2013/03/26 16:25 ] [ 編集 ]
No title
裏でこんな努力があったんだね!

サポごぃさんもどこにいるか分からないんだよ(笑)
[ 2013/03/26 20:54 ] [ 編集 ]
>えりん
この回りくどいことさせる意味ってなさそうな気がするんですけどね・・・。
まさかドレスアップの為にスパスタの転職クエやるハメになるとは思いもよりませんでしたよ。

サポのゴィさんちゃんといるから!
その、影みたいになってる黒い物体そうだから!
よく見て!
ギズモでもなければヌーバでもないから!
メラミ飛ばさないで!!
[ 2013/03/27 00:53 ] [ 編集 ]
No title
あー
スラム街ですねー
[ 2013/03/27 16:33 ] [ 編集 ]
>風桜さん
スラム街の煤けた子供ですと!?

んー違います!
むしろ、日本の廃村にひっそりと佇むお地蔵さん・・・かな?
[ 2013/03/28 01:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

MONOGOi

Author:MONOGOi
物乞いのMONOGOiです。
主にDQXのサーバ25で物乞いのモノゴィやってます。
マッシュルーム3010丁目の3番地で農園開きました。
是非是非水とうんこばら撒きに来たって!

アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR
著作権についてとか
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。